太陽光発電システム設置手順

太陽光発電システム設置の際の、業者選定から施工までの流れについて説明します。

施工業者選定

太陽光発電システムの設置工事は、太陽光発電システムのメーカーは行いません。地域の施工業者を見つける必要があります。業者選定については太陽光発電システム設置業者選定ページをご覧ください。


太陽光発電システムは「オーダーメイド」と言うことが出来ます。どのような太陽光発電モジュールを屋根にどのように配置するか、架台を設置する工法はどうするか、いろいろな選択肢があるからです。様々な可能性があるということは、見積金額も業者によりばらつきが予想されます。必ず複数業者から見積もりを取り、納得の行く説明を受けましょう。

調査

施工業者は次のような項目で調査を行います。

  • 必要とする発電能力
    1年間の電力使用量がわかると良いので、1年間の電力会社の領収書があると便利です。
  • 日照
    屋根の向き、角度、面積など、屋根にどの程度の日照があるか計算の元になる情報です。家の設計図があれば業者に見せてください。
  • 周辺
    設置場所近くにある別の家、立ち木、電柱、アンテナなどの構造物により、屋根の一部の日照がどの程度妨げられるか調べます。
  • 屋根の構造
    屋根に重い物体を設置するので、屋根がその重量に耐えられるのか、屋根を調べます。
  • 雨漏り
    既に雨漏りが有る場合はその補修を厳重にする必要があるため、必要により屋根裏のチェックを行います。
  • その他
    風の強い地域か、塩害のある地域か、家の構造上の問題がないか、メーカーのチェック基準に基づき調査します。、

設計

上記の情報を元に、業者は設計を行います。どのような太陽光モジュールを屋根にどのように配置するのか、発電能力が何kWのシステムか、架台をどの工法で屋根に設置するのか、パワーコンディショナーなどをどこに設置するのか、設計します。


設計の結果を必ず文書で貰うようにしてください。

見積

前項の設計が完了すると、見積書も完成しています。その金額を見て、先ず価格が高いかどうかを判断します。その判断基準は、太陽光発電システム導入費用ページで書いたとおりです。

合計費用を発電量のキロワット数で割って、1kW当たりの価格を計算してみてください。例えば発電量3kWシステムの合計費用の見積り額が210万円なら、1kW当たり70万円となります。

それが60万円~80万円なら、ほぼ常識的な価格と言うことができます。これを超えるときは、何故高いのか、設置業者に厳しく問いただして見ましょう。また逆にあまりに安いときは、品質の悪い電気を作る粗悪品パワーコンディショナーを掴まされる場合や、屋根を傷付ける粗悪工法の場合もありますので、残念ながらあまり安い場合も要注意です。

業者決定

上記に書きましたように、必ず複数の業者から見積もりを取るようにしてください。ということは、上記の作業は業者の数だけ繰り返すことになります。


太陽光発電モジュールが寿命となる20~30年間、メンテナンスで付き合うことになる業者です。これらの内容を慎重に検討し、納得の行く業者を最終決定してください。


以下、決定した業者の作業となります。

電力会社との契約

電力会社との間に太陽光発電の余剰電力を売るの契約を交わさなければなりません。申請は施工前に業者が代行します。

施工

施工は、足場設置、太陽光モジュール設置、電気工事、足場撤去、の順番となります。作業期間ですが、各々1日で作業できますので最短4日ですが、雨を見越した予備日を設定しますので、計6、7日となります。


足場


法律により、高さ2m以上の高所で作業するときには足場を設置しなければならないことになっています。足場の設置費用は安くは無いですが、作業者の安全と法律の遵守の観点から必須です。


太陽光モジュール設置


設計に従い太陽光モジュールを設置します。太陽光モジュールではわずかな光でも発電しますので作業時には感電に注意しなければなりません。なお作業時に、太陽光モジュールには遮光シールを貼っておきます。


電気工事


太陽光モジュールをグループ化した「ストリング」間の配線は太陽光モジュール設置時に完了していますので、それ以外の電気工事です。各々のストリングからの配線を接続箱に接続し、パワーコンディショナー、分電盤の接続工事、モニターの設置などが作業内容です。

チェック

施工業者は、電圧や接地抵抗など、定められたチェックシートに基づきチェック・測定を行います。その結果は検査報告書の形式に顧客に渡されます。


以上ですべての工程は完了です。太陽が照れば発電し、余剰電力は電力会社に流れていることをモニターで確認しましょう。「○○家発電所」の開設です。おめでとうございます。

QLOOK ANALYTICS