太陽光モジュールの屋根への設置工事の詳細

太陽光発電システムの設置工事は足場設置、太陽光モジュール設置、電気工事、足場撤去、の手順となります。このうち太陽光モジュール設置工事の詳細について説明します。

支持金具の取り付け

太陽光モジュール(パネル)を支える架台(フレーム)を屋根に取り付ける必要があります。屋根材により、架台設置用支持金具を屋根材に取り付ける方法が異なります。この支持金具の取付工事は、雨漏りの原因とならないように慎重な工事が必要です。次のとおり屋根材により取り付け方法が異なります。


瓦屋根


瓦に直接取付

瓦を一部削り、支持金具を瓦に取り付けます。瓦を削らないと金具の厚みで隙間が出来てしまい、雨漏りの原因となってしまいます。


支持瓦

瓦と同じ形状ですでに支持金具が取り付けられている金属製の瓦があります。これが支持瓦です。支持金具を取り付ける位置の瓦をこの支持瓦に交換します。金属製なので見かけは瓦材ではありませんが、この上に太陽光モジュールを取り付けるので外からは見えません。


化粧スレート屋根


通常工法

通常は、スレート材に穴を開け、支持金具を取り付けます。なおスレート屋根は、スレート材同士の接触部分に微細な隙間があり毛細管現象により雨水が中に入ります。その結果、空けた穴が原因で雨漏りになると大変です。そこで、空けた穴にはコーキング材を入念に注入します。


キャッチ工法

太陽光発電システムの寿命は数十年です。その間に屋根は老朽化し、空けた穴のコーキング材が劣化して雨漏りの原因となってしまう可能性はゼロではありません。そこで開発された工法が、屋根に穴を開けない「キャッチ工法」です。屋根材を挟み込むような支持金具を使用します。


このキャッチ工法はすべての業者が施工できるわけではありません。キャッチ工法を行う業者を検索するには、検索エンジンで"太陽光発電 キャッチ工法"+地域名、たとえば「太陽光発電 キャッチ工法 横浜」で検索すると、このキャッチ工法を行う業者が検索されます。

架台の設置

支持金具を屋根材に取り付けましたら、次は支持金具に桟を取り付けます。

太陽光モジュールの設置

次に、その桟に太陽光モジュールを取り付けます。


以上で太陽光モジュールの設置は完了です。

工事の注意事項

注意事項としては、屋根材を割らないことが一番大事です。そのため、瓦屋根の場合には瓦の谷の部分を歩くようにします。盛り上がった山の部分を歩くと瓦が割れ、そのはずみに屋根から転落する可能性があります。


スレート材の場合は、スレート材を固定している釘やボルトの上を歩くようにします。その他の部分を歩くと割れて転落する可能性があります。


太陽光発電システムの工事が雨漏りの原因となってはたまりません。この意味でも、経験豊かな業者を選ぶことが大事なのです。

QLOOK ANALYTICS